ここから本文です

代表の10番は批判されるのが宿命 批判受けるメッシにネイマール「出てないのに批判される」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/14(金) 21:40配信

チームメイトを擁護

2018ワールドカップ出場をかけた南米予選では、予想外の事態が起きている。前回大会のファイナリストであるアルゼンチン代表が苦戦しているのだ。リオネル・メッシの欠場した試合は成績が悪く、ワールドカップに行けないのではといった不安の声も出ている。

しかし、ライバルのブラジル代表FWネイマールはアルゼンチンが強さを取り戻すと確信している。また、代表戦での欠場が多いことを批判されることもあるメッシについては、出ていない選手を批判する気が分からないとバルセロナのチームメイトを擁護している。英『Give Me Sport』などが伝えている。

「僕にとってはまだメッシがベストさ。彼はバルサにとってもアルゼンチンにとっても重要な選手だ。アルゼンチン代表は素晴らしいチームだし、また勝利を取り戻すと確信している。レオは批判に苦しんでいるけど、それは僕にも起こったことだ。レオはプレイしていないのに批判されるんだ。ちょっと分からないね」

さらにネイマールは、世界最高の選手になることを急いではいないともコメント。自身のベストフォームを見つけるために戦っていることを強調している。

「僕は世界最高になることを急いではいないよ。僕は自分のベストに到達したい。その理由のために毎日トレーニングし、プレイしないといけない。今もベストだと思うけど、まだまだ成長できるよ」

ネイマールは近いうちに世界最高の選手になると言われている逸材だが、その日はいつ訪れるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/14(金) 21:40

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革