ここから本文です

全国高校陸上女子障害でV 西山さん、相模原市長に報告

カナロコ by 神奈川新聞 10/14(金) 17:50配信

 今夏、大阪市で開催された「第4回全国高校陸上競技選抜大会」の女子2千メートル障害で優勝した白鵬女子高校2年の西山未奈美さん(16)=相模原市緑区在住=が12日、市役所を訪れ、加山俊夫市長に報告した。

 西山さんは市立大沢中学校で陸上部に所属。陸上の力を伸ばそうと白鵬女子高に進学した。1500メートルを中心に取り組んできたが、昨年から障害競技にも挑戦しており、昨年は7位だった。

 この大会は、全国高校総合体育大会(インターハイ)では実施されていない五輪種目の普及や、優秀な人材が専門外の種目に挑戦する機会を提供することを目的に開催している。

 西山さんは、「1、2年生ではインターハイに出場できなかった。これからある駅伝大会で結果を残してトラックシーズンにつなげ、自分らしい走りをしたい」と強調した。

 加山市長は「次の目標への自信になったと思う。さらに練習を積み、東京五輪に出場してほしい」と激励した。

最終更新:10/14(金) 17:50

カナロコ by 神奈川新聞