ここから本文です

LGBTに理解を 15日中区でパレード

カナロコ by 神奈川新聞 10/14(金) 21:53配信

 誰もが分け隔てない社会を目指そうと、同性愛や性同一性障害など性的少数者(LGBT)たちによるパレードが15日、横浜市中区で初めて開かれる。

 「横浜ダイバーシティパレード」と銘打ち、同日正午に象の鼻パーク前を出発。県庁前や横浜中華街入り口、元町・中華街駅、山下公園を経て、県庁前に戻るコースで、約千人がレインボーフラッグなどを手に1時間をかけてアピールする。

 横浜ダイバーシティパレード実行委員会/Gay Advocate Japanの主催。昨年は市内で横浜レインボーフェスタを開催した実績がある。

 参加者は同日午前10時に横浜港大さん橋国際客船ターミナル(同市中区)に集合する。パレード後には女装アイドル「最先端ガールズ」らが出演する船上アフターパーティーも催される。

 主催者は「性のあり方の多様性への理解を広げるとともに、共存していく街づくりを目指したい」としている。詳細は、横浜ダイバーシティパレードのウェブサイト。

最終更新:10/14(金) 21:53

カナロコ by 神奈川新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革