ここから本文です

動物も再生・細胞医療へ 国内初、横浜に実用化拠点開設

カナロコ by 神奈川新聞 10/14(金) 22:54配信

 動物の再生・細胞医療の実用化に取り組む「セルトラスト・アニマル・セラピューティクス」(東京都新宿区)は13日、横浜市中区に先端医療の研究開発・実用化拠点となる「動物再生医療センター病院」を開設した。動物医療の分野で、先端医療の開発から診療まで一体的に行う拠点は国内初。細胞治療などの研究・開発を行い、2017年後半に診療法としての実用化を目指す。

 細胞治療は、動物の細胞を体外で人工的に培養し、再び動物に投与する治療法。修復機能や自己治癒力を高めることができ、骨折や関節炎、炎症性腸疾患、糖尿病などに効果が期待される。

 大学や企業の基礎研究成果を診療法として実用化し、それを一般の動物病院に普及させるための仕組みを構築する。県と連携し、医療費軽減に向けたペット保険の開発や、細胞を輸送する際のルール作りも行う。

 セルトラスト社は、再生・細胞医療に活用できる高機能素材技術を持つ「富士フイルム」とペット保険会社「アニコムホールディングス」の合弁会社で4月に設立された。

最終更新:10/14(金) 22:54

カナロコ by 神奈川新聞