ここから本文です

マルーン5xケンドリック・ラマーによる切なさ満点のトロピカル・ハウス調ナンバー「ドント・ワナ・ノウ」(Song Review)

Billboard Japan 10/14(金) 11:10配信

 マルーン5が、2016年10月11日に今年初のシングル「ドント・ワナ・ノウ」をリリースした。2月に開催された【第58回グラミー賞】で最多11部門にノミネートされた、ラッパーのケンドリック・ラマーがゲストとして参加した、“ロック・バンド”らしからぬサウンドに仕上がっている。

 制作は、ボーカルのアダム・レヴィーンとケンドリック・ラマー、マルーン5の大ヒット曲「ムーブス・ライク・ジャガー」(2010年首位)を手掛けた、アマー・マリク、ジョン・ライアン等が担当し、プロデュースには、イギー・アゼリアやタイオ・クルーズなどのアルバム・プロデュースを手掛けた、ザ・アーケードがクレジットされている。

 楽曲は、これまでのマルーン5のヒット曲にはなかった、今年のブームでもある“トロピカル・ハウス”を起用したフロア向けのナンバーで、アダム独特の色気を醸したボーカルは健在だが、「マルーン5の曲」と言われなければ、気づかない方も多いかもしれない。「ノウ、ノウ、ノウ…」と3回続くサビが印象的で、一度聴くと耳に残る、中毒性の高い楽曲に仕上がっている。

 歌詞の内容は、「君は今、幸せ?知りたくないよ、家に送っている奴が誰かなんて…」と、未練タラタラな男心を綴った失恋ソング。ミッドテンポのトロピカル・チューンに乗せることで、切なさが強調され、曲の良さを際立たせている。この曲のミュージック・ビデオは、昨年の大ヒット曲「シュガー」を手掛けたデヴィッド・ドブキンが監督を務め、14日に米NBCの『トゥデイ』で公開される。

Text:本家一成

◎リリース情報
「ドント・ワナ・ノウ feat. ケンドリック・ラマー」
マルーン5
2016/10/11 RELEASE
https://goo.gl/wDkWPQ

最終更新:10/14(金) 11:10

Billboard Japan