ここから本文です

Ken(L'Arc~en~Ciel)主催【PARTY ZOO】仙台PIT公演レポート到着

Billboard Japan 10/14(金) 19:50配信

 Ken(L'Arc~en~Ciel)自ら声をかけた仲間たちが集結し、全国5か所をまわるイベント【PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~】。この最終日として、2016年10月9日に仙台PIT公演が開催された。

【PARTY ZOO】ライブ写真

 トップバッターはAKi。セクシーなベースラインで観客のハートをつかみ、AKiバンドの一体感で繊細で激しい曲たちをより妖艶に染めていく。「ジウ」では、MUCCのミヤが登場し、重厚さを増したサウンドで華を添え、11月16日にリリースされる新曲「STORY」で盛り上がりは最高潮へ。ラストの「The Inside War」ではKenが登場し会場を沸かしたが、AKiからのキスでさらに大歓声。「やばい。ちょー楽しい」と呟いていたAKiは、「トップバッターとしてやらさせていただきました! こんな楽しくてめちゃアツい素晴らしいイベントに呼んでもらえて感謝です! Kenさんありがとうございます! また必ずやりたいな! みんなもありがとう!!」と感謝を口にした。

 続くMade in Asiaは、Zepp DiverCity公演に続き2回目の登場。まるで体の一部のように思いのままに奏でられるDuranのギターサウンド、Maryneのクールながらに芯のあるベース、Shihoの豪快なドラミングが三位一体となり、観客を圧倒。「High Spirit」ではKenが登場し、Duranとギターの掛け合いをしてみせた。Shihoは、「昔から大好きなKenさんと、大好きなメンバーと、ステキな共演者の方々、あったかいお客さんに囲まれ楽しかった! だから音楽、ライブはやめられない。Kenさん、共演者の方々、私達のステージを見てくれたみなさん、ありがとうございました。これからもMade in Asia走り続ける。よろしくね! 【PARTY ZOO】最高!!」という言葉を残した。

 そしてステージは<Deeply Entwining Session>へ。“I◆B-T”(◆:記号のハート)と名付けられたユニットは、逹瑯(vo)、ミヤ(g)、圭(g)、AKi(b)、KENZO(dr) という布陣で、BUCK-TICKのカバーセッションを行った。「【PARTY ZOO】の中でBUCK-TICK好きを集めました」というAKiの言葉や、「色んなセッションの中で一番リハが楽だった」という逹瑯の言葉の通り、出演メンバーの体に染み込んだ楽曲たちを完璧に披露した。

 BAROQUEは全公演出演。10月26日にリリースが決まった「G I R L」では楽曲プロデュースも手掛けたKenが登場。圭がつまびくメロディにKenが寄り添い、暖かな空間を作り出す。歌詞を届けようと心をこめて歌う怜にKenもコーラスで参加。圭は「【PARTY ZOO】ついに全公演が終了してしまいました。オーディエンス、アーティスト、スタッフ、全てが最高だと言えるイベントでした! それぞれのアーティストに対してのリスペクトがあるからこそ自分達の強みや自分達らしさとは何か?という事が常に問われるツアーでもありました。俺達BAROQUEとしてもきっと今回のイベントがターニングポイントになったんじゃないかと言える位沢山の経験をさせて貰いました。観に来てくれた、関わってくれた皆さんありがとうございました。そしてそしてイベントを作り上げ俺達を誘ってくれたKenさんに本当に感謝です!」と語った。

 MUCCのステージでは、「終わりを始めようか」の逹瑯の一言で観客も臨戦態勢に。9月にリリースされた「CLASSIC」を披露し、次々と展開していく轟音とメタルサウンドの「KILLER」(RはリターンドR)ではKenが登場し、「蘭鋳」では佑聖(AKiサポートギター)も参加。ラストの「TONIGHT」ではAKiも姿を現した。ミヤは「良い事務所です。良い世代です。先輩ありがとうございました!!」と嬉しそうだった。

 そして<Ken Entwines Naughty stars>と銘打たれた最後のセッションでは、幕が開くとKenがセンターに。KENZOのドラミングで歓声が上がり、S.O.A.P.の「high!」をAKiとDuranそしてKenの3人が弾きながら歌うと、一気に会場のボルテージが上がる。そして「the Fourth Avenue Cafe」「Pretty girl」というL'Arc~en~Cielの2曲を逹瑯と怜が歌い上げた。

 AKi園長は、この日5回目のステージ。仙台公演全メンバーがステージに勢揃いすると、このイベントのために作られたオリジナルソング「PARTY ZOO」を全員が奏で大合唱。途中、サプライズ登場したSakuraが持ってきたシャンパンで乾杯し、動物の鳴きまねでコール&レスポンス曲の最後のコーラスが終わると、もう少し楽しみたいフロアを見た逹瑯が、「KENZOも前に出たいよな。あれ、ドラムが空きましたよ、Kenさん」とKenに微笑む。最後はKenのドラムに合わせ、Naughty Stars全員でフィナーレを締めくくった。

 Kenは「【PARTY ZOO 2016】みんなのいい顔がみれてはしゃいで感動した一か月でした。ありがとう!」と感謝の言葉を寄せている。



◎【PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~】2016.10.9 セットリスト
【AKi】
1. HEADZ UP
2. FREAK SHOW
3. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
4. FAIRY DUST
5. ジウ (with ミヤ)
6. STORY
7. libido
8. The Inside War (with Ken)

【Made in Asia】
SECRET

【I◆B-T】(◆:記号のハート)
1. Ash-ra
2. スピード
3. ミウ
Vocal : 逹瑯
Guitar : ミヤ, 圭
Bass : AKi
Drums : KENZO

【BAROQUE】
1. 湿度
2. ガリロン
3. SWALLOW THE NIGHT
4. MEMENTO
5. DREAMSCAPE
6. PLANETARY LIGHT
7. G I R L (with Ken)

【MUCC】
1. ENDER ENDER
2. G.G
3. CLASSIC
4. KILLER(with Ken)(RはリターンドR)
5. ハイデ
6. Mr.Liar
7. 蘭鋳 (with 佑聖)
8. TONIGHT (with AKi / Ken)

【Ken with Naughty stars】
1. high!
Vocal : AKi, Duran, Ken
Guitar : Duran, Ken
Bass : AKi
Drums : KENZO

2. the Fourth Avenue Cafe
Vocal : 怜、逹瑯
Guitar : Duran, Ken
Bass : AKi
Drums : KENZO

3. Pretty girl
Vocal : 怜、逹瑯
Guitar : Duran, Ken
Bass : AKi
Drums : KENZO

4. PARTY ZOO
Vocal : 逹瑯, 怜, AKi, Ken
Guitar : Ken、ミヤ、圭、Duran
Bass : YUKKE、AKi
Drums : KENZO
and Naughty All Stars

最終更新:10/14(金) 19:50

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]