ここから本文です

MotoGP日本GP:Moto3 FP1 ブレーガがトップタイム

オートスポーツweb 10/14(金) 10:58配信

 MotoGP第15戦日本GP、Moto3クラスは、栃木県のツインリンクもてぎでフリー走行1回目を行ない、ニッコロ・ブレーガ(KTM)が1分57秒523でフリー走行1回目トップに立った。

 Moto3クラスのフリー走行1回目は気温18度、路面温度22度のドライコンディションで行なわれた。セッション序盤をリードしたのはブラッド・ビンダー(KTM)。ビンダーは開始5分すぎにリーダーボードのトップに立つと、ファステストを更新。10分すぎにエネア・バスティアニーニ(ホンダ)がトップに立つが、ビンダーが13分すぎに再びトップを奪還する。

 ビンダーは終盤に再びアタックに入るが、残り10分を切ったところで3コーナーで転倒、ビンダーにダメージはなかったが、ここで走行終了。残り3分を切ったところでブレーガがファステストを更新。最後のアタックで1分57秒523とさらにタイムを縮め、もてぎ初走行のセッションでトップタイムを記録した。

 2番手に1分57秒672でビンダー、終盤のアタックで1分57秒721を記録したホルヘ・ナバーロ(ホンダ)が3番手に続いた。

 4番手に1分57秒838でファビオ・クアルタラーロ(KTM)、5番手に1分57秒870でリビオ・ロイ(ホンダ)、6番手に1分57秒906でアンドレア・ミーニョ(KTM)、7番手に1分58秒034でエネア・バスティアニーニ(ホンダ)、8番手に1分58秒142でガブリエル・ロドリゴ(KTM)の順で続き、ボ・ベンスナイダー(KTM)は残り3分を切ったところで1コーナーでグラベルに飛び出し転倒、1分58秒226で9番手に。1分58秒242で10番手のホアン・ミル(KTM)も残り7分で3コーナーで転倒を喫してしまった。

 尾野 弘樹(ホンダ)は1分58秒357で13番手、鈴木 竜生(マヒンドラ)は1分59秒434で24番手、ワイルドカード参戦の佐藤 励(ホンダ)は2分02秒920で34番手、岡崎 静夏(ホンダ)は2分03秒064で35番手でフリー走行1回目を終えた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/14(金) 11:01

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。