ここから本文です

MotoGP日本GP:Moto2 FP2 ルティが初日総合トップに浮上。中上は2位

オートスポーツweb 10/14(金) 16:27配信

 MotoGP第15戦日本GP、Moto2クラスは、栃木県のツインリンクもてぎでフリー走行2回目を行ない、トーマス・ルティ(カレックス)が1分50秒625でフリー走行2回目トップに立った。

 Moto2クラスのフリー走行2回目は気温22度、路面温度30度のドライコンディションで行なわれた。セッション序盤をリードしたのはアレックス・マルケス(カレックス)。マルケスは開始6分すぎにトップに立つと、8分すぎ、10分すぎとファステストを更新してリーダーボードのトップをキープ。

 中盤の23分すぎに中上 貴晶(カレックス)がトップに浮上するが、すぐにルティが逆転。中上も26分すぎに再度トップを奪い返すが、27分すぎに再びルティがトップに立ち、ルティは29分すぎに1分50秒625を記録してトップでフリー走行2回目を終え、初日総合でもトップとなった。

 中上は終了間際のアタックで2周連続で自己ベストを更新するが、わずかにルティに届かず、1分50秒900で2番手に。3番手に1分50秒984でフランコ・モルビデリ(カレックス)が続いた。

 4番手に1分51秒184でサム・ロウズ(カレックス)、5番手に1分51秒185でヨハン・ザルコ(カレックス)、6番手に1分51秒198でロレンツォ・バルダッサーリ(カレックス)の順で続き、サンドロ・コルテセ(カレックス)が1分51秒264で7番手につけたが、終盤のアタック中に12コーナーで転倒を喫してしまった。マルケスは1分51秒267で8番手。9番手に1分51秒333でマーセル・シュローター(カレックス)、10番手に1分51秒391でジョナス・フォルガー(カレックス)の順で続いた。

 長島 哲太(カレックス)は1分53秒004で24番手、浦本 修充(カレックス)は1分53秒013で25番手。ランキング2位でザルコを追うアレックス・リンス(カレックス)はわずか3周に留まり、1分53秒421で29番手。関口 太郎(TSR)は1分54秒852で30番手。フリー走行2回目は全員が1回目のタイムを更新、初日の総合結果はフリー走行2回目のタイム/順位順となった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/14(金) 16:27

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。