ここから本文です

【WEC富士】トヨタ、初日は下位に沈むも決勝へ虎視眈々。「ほかのサーキットよりライバルに近づける」

オートスポーツweb 10/14(金) 23:10配信

 いよいよ開幕したFIA世界耐久選手権(WEC)第7戦富士。母国凱旋を果たしたTOYOTA GAZOO Racingは、フリー走行1回目で組5号車TS050ハイブリッドが4番手、6号車が2番手。フリー走行2回目は5号車が5番手、6号車が6番手だった。

 小林可夢偉/ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ組の6号車が3戦連続で表彰台を獲得するなど、好調を維持してホームレースに臨んだTOYOTA GAZOO Racing。


 しかし、走行初日は前戦のCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)から大きく下がった気温、路面温度に苦しめられた。コンディション変化がミシュランタイヤのパフォーマンスにも影響し、タイヤ摩耗のトラブルが発生してしまったのだ。

 加えて、2回目のセッションでは、午前中2番手だった6号車に電気系トラブルが発生。ステアリングを握っていた可夢偉はプリウスコーナー手前でマシンを止めることを余儀なくされている。


 初日は苦しいスタートを強いられた両車だが、「いつものように我々は予選よりも決勝レースに重点を置いている。今のところ順調に仕上がっているよ」とサラザンが語るように、チームは予選よりも決勝に重点を置いてセットアップを進めており、6時間の本戦へ着々と準備を整えているようだ。

 また、この日は2回目の走行前に行われた記者会見に可夢偉、一貴の両名が出席。富士スピードウェイへの想いと決勝への展望を明かした。

 7月の第4戦以降、連続で表彰台を獲得している可夢偉は「実は富士スピードウェイでレースを戦うのは、今回が3回目。あまり思い出はありません。一度も表彰台に上がれていませんしね(苦笑)」と、過去の富士戦を振り返る。

「ただ、ここは僕にとってもトヨタにとってもホームレース。熱烈なファンの声援も受けますから、気合いが入りますよ」

「WECで富士を走るのは2013年以来。(今季とは違い、)あのときはGTマシン(フェラーリ458イタリア)をドライブしていましたし、決勝は雨で走れませんでしたけどね」

「今週は天気が大きく崩れることはなさそうなので、週末が楽しみです」




 今季、これまで思うような流れに乗ることができていない5号車の一貴は「今週末のレースパフォーマンスには自信があります。ほかのサーキットよりもライバルのアウディ、ポルシェ勢に近づくことができると思う」と自信を覗かせる。

「今シーズンは6号車と比較すると、思うような結果が出ていません。スパやル・マンでは大量ポイントを逃していますからね。ただ個人的には単純に運が悪いだけだと思っています」

「チームのスタッフは、この流れを断ち切ろうと懸命に働いてくれています。この週末に流れを切り替えられるよう願っています。2014年のように独走することは難しいかもしれませんけど、充分戦えるポジションにいると感じています」

 チームは決勝を見据えた作業を進めているとのことだが、明日15日(土)の予選でも母国ファンを驚かせるような走りに期待したい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/14(金) 23:12

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。