ここから本文です

朝日町再生会議が出前授業 さみさと小

北日本新聞 10/14(金) 13:22配信

 朝日町が抱える課題を議論する町民参加型の町再生会議は14日、同町さみさと小学校で出前授業を行った。町地域おこし協力隊員の服部彩子さん(34)=静岡県出身=が講師を務め、外から見た朝日町の魅力を伝えた。子どもたちは自然の豊かさや観光資源を再認識した。

 ふるさと教育を推進しようと初めて企画し、総合的な学習で朝日町の輝きを見つけることに取り組んでいる3年生42人が授業を受けた。

 服部さんは朝日の好きなものにきれいな自然風景や人の優しさを挙げ、町全体を盛り上げるためのイベントを企画していることを紹介した。7人ずつ6班に分かれたグループワークで町内にあるスポットを利用した催しを話し合い、各班の代表児童が発表。ヒスイ海岸でハロウィーンといったユニークな案が出された。

北日本新聞社

最終更新:10/14(金) 13:22

北日本新聞