ここから本文です

小矢部の“宝”を巡ろう 本行寺~桜町遺跡~アウトレット

北日本新聞 10/14(金) 22:05配信

 小矢部市ウオーキング協会は14日、市イメージソングにちなんで「秋の小矢部でみつけましょう!!」をテーマに11月19日に開催する「おやべウオーキング2016」(北日本新聞社共催)のコースを下見した。旧北陸道などを通りながら市の歴史や文化、にぎわいのスポットを巡るコースの見どころを確認した。

 健康づくりをしながら市の宝物を再発見してもらおうと、市役所を発着点に今石動城主として旧石動町を開いた前田利秀の菩提(ぼだい)寺・本行寺、縄文遺跡「桜町遺跡」や三井アウトレットパーク北陸小矢部の周辺を巡る約5キロのコースを設定した。当日はおやべメルヘンガイドが本行寺、桜町JOMONパーク前、道の駅メルヘンおやべなどで説明する。スタートと中間地点の道の駅、ゴールの3カ所にチェックポイントを設け、スタンプラリーを行う。

 下見では会員18人とメルヘンガイド4人が誘導員やチェックポイントの設置場所、危険箇所などを確かめた。山崎紘会長(72)は「小矢部の歴史や文化を見つけながら楽しく歩いてほしい」と話した。

 参加者を募集中で、参加費500円(小学生以下無料)。参加賞は飲料、おにぎり、小矢部の特産品。市内公共施設に申込書付きチラシを置いている。11月10日締め切り。先着150人まで。

 問い合わせは山崎会長、電話090(6272)1665、または吉田外茂治理事、電話0766(67)6711。

北日本新聞社

最終更新:10/14(金) 22:05

北日本新聞