ここから本文です

北谷のサメ、捕獲できず エサの魚食べた形跡

沖縄タイムス 10/14(金) 8:00配信

 沖縄県北谷町美浜のサンセットビーチ近くでオオメジロザメなどが目撃されたことを受け、町漁協は13日、刺し網を設置しサメ捕獲のための作業を始めた。同日夜、網を引き上げたがサメはかからなかった。14日以降の作業は、天候などを見てから決める。

 13日午後4時ごろ、漁業者がアメリカンビレッジ沿岸の2カ所に計1200メートルの刺し網を入れた。午後7時すぎから、船1隻を出し2時間半以上にわたり網を引き上げた。網にかかった魚をサメが食べた形跡はあったが、サメ自体は確認されなかった。漁業者の男性は「街の明かりでサメは網が見えていたかもしれない。次は角度や場所を変えてみる」と話した。

 近隣のホテル従業員男性によると、同日もサンセットビーチの遊泳禁止を知らずに来た観光客らが引き返す姿も見られたという。男性は「周知に工夫が必要」と話した。

最終更新:10/14(金) 8:00

沖縄タイムス