ここから本文です

7月の宿泊者、石川は66万人 北陸信越運輸局

北國新聞社 10/14(金) 2:27配信

 北陸信越運輸局がまとめた7月の宿泊旅行統計によると、管内4県の延べ宿泊者367万人のうち、石川は前年同月比13・4%減の66万人、富山は22・3%減の28万人だった。

 今年1~7月の延べ宿泊者数は石川が前年同期比1・2%増の468万人、富山が14・2%減の175万人となった。

 7月の外国人の延べ宿泊者は石川が前年同月比23・9%増の5万人、富山が15・6%減の1万人だった。宿泊施設の客室稼働率は石川が8・7%減の60・1%、富山が9・1%減の50・5%となった。

北國新聞社

最終更新:10/14(金) 2:27

北國新聞社