ここから本文です

ファン・ペルシーも中国行きか? ラベッシら所属の河北華夏が交渉中

SOCCER KING 10/14(金) 17:17配信

 フェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが、中国1部の河北華夏幸福への移籍に近づいているようだ。トルコ紙『Fotomac』の記事を引用し、13日にイタリアメディア『calciomercato.com』が伝えている。

 報じられたところによると、ファン・ペルシーの移籍について、現在フェネルバフチェと河北華夏が交渉している模様。河北華夏は1250万ユーロ(約14億3400万円)のオファーを提示しているようだ。フェネルバフチェ側は同選手の移籍金を、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFハテム・ベン・アルファ獲得の資金に当てたいとの意向があるという。

 ファン・ペルシーは1983年生まれの33歳。エクセルシオールとフェイエノールトの下部組織出身で、2002年にトップチームでデビューを果たした。2004年にアーセナルへ移籍し、2011-12シーズンにはプレミアリーグ得点王を獲得。2012年夏にマンチェスター・Uへ移籍し、加入1年目には2年連続となる得点王を獲得するなどリーグ優勝に貢献した。その後、2015年夏にフェネルバフチェに移籍し、昨シーズンは公式戦22ゴールを記録している。

 一方、ファン・ペルシー獲得に乗り出している河北華夏は今夏、昨シーズンまでマンチェスター・Cを率いていたマヌエル・ペジェグリーニ監督が新指揮官に就任。2015-16シーズン冬の移籍市場では、ローマからコートジボワール代表FWジェルヴィーニョ、パリ・サンジェルマンからアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシらを“爆買い”しており、またもビッグネーム獲得に乗り出すことになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:10/14(金) 17:17

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]