ここから本文です

今度こそ「本当の笑顔を」 槙野&柏木が恩師に捧げる初タイトル誓う

ゲキサカ 10/14(金) 15:35配信

 浦和レッズのペトロヴィッチ監督にとって、そして“ミシャチルドレン”にとって、喉から手が出るほど欲しいビッグタイトルへの挑戦権を再び獲得した。13年のナビスコ杯、昨季の天皇杯はいずれも準優勝。3度目のカップ戦ファイナルで“三度目の正直”を果たせば、クラブとしても07年ACL以来、9年ぶりのタイトル獲得となる。

 12年から浦和を率いるペトロヴィッチ監督だが、昨季の第1ステージは制したものの、タイトル獲得経験はない。それは06年から11年まで指揮した広島時代も同様で、08年のゼロックススーパー杯制覇とJ2優勝を除けば、いまだ“無冠”の指揮官だ。

「確かにタイトルが懸かる試合で、それを成し遂げられない過去があった。タイトルを逃すということは監督として何かが足りないから。その何かを学びながら常に成長し、次こそはという思いで毎年戦っている」

 そんなペトロヴィッチ監督と10年間にわたって師弟関係にあるDF槙野智章は強い決意を秘めている。ケルンに在籍した11年を除けば、プロ1年目の06年から10年まで広島で、12年からは浦和で常にペトロヴィッチ監督の指導を受けてきた。

「僕自身、プロ生活11年のうち10年間、ミシャ(ペトロヴィッチ監督の愛称)と一緒に仕事をしてきた。なのに何一つ彼に良いプレゼントをあげることができていない。明日こそ、本当の笑顔を見るためにトロフィーをプレゼントしたい」

 それは10年から浦和でプレーする同期のMF柏木陽介も同様で、06年に広島のトップチーム昇格を果たしてから、一足先に浦和に移籍した10、11年の2年間を除く9シーズン、ペトロヴィッチ監督の下でプレーしてきた。

「個人的にタイトルを取ったことがない。レッズに来て3回目の決勝。いいサッカーをして、いい結果を残して、Jリーグの残り3試合に向けてもバシッといきたい」。恩師のためにも、そして自分自身のためにも、今度こそ負けるわけにはいかない。

 槙野、柏木、GK西川周作の3人は日本代表のオーストラリア遠征から12日に帰国したばかり。強行日程での大一番となるが、柏木は「(代表では)納得いくプレーができなかったし、チームとしても日本らしさを出せず、もどかしさがある。明日はレッズらしいサッカーをして、楽しいサッカーをして、結果を残したい。その機動力となれるようにがんばりたい」と意気込んでいた。

最終更新:10/14(金) 16:53

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。