ここから本文です

マツダ、東京ミッドタウンで「MX-5 RF(ロードスター RF)」などを展示

carview! 10/14(金) 17:05配信

東京ミッドタウンで開催中の「東京ミッドタウン DESIGN TOUCH 2016」に、マツダは5年連続で出展する。今年のテーマは「マツダ デザインエレガンス」で、過去から現在へとつながるマツダデザインの一端に触れることができる展示やイベントが開催される。

【写真をもっと見る】

会場には、今秋日本で予約開始予定の「ロードスター RF」の北米仕様「MX-5 RF」と、1969年に発売されたマツダ初のFF車「ルーチェ ロータリークーペ」という、クーペデザインを追求した新旧2台を展示。さらに、「感性に訴えかけるブランド体験」を提供すべく資生堂とともに開発した、“魂動”デザインをテーマとしたフレグランス「SOUL of MOTION」も展示されている。

開催期間中の週末には「マツダデザインの歴史、デザイナーとエンジニアの共創」をテーマとした、開発者のトークセッションを各日2回実施する予定。

■出展概要
日程:10月14日(金)~23日(日)
場所:東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア
開発者トークセッション実施日:10月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)の各日2回実施(13時~/16時~)

株式会社カービュー

最終更新:10/14(金) 17:05

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。