ここから本文です

飛行先チョウ査 今治・常盤小児童がアサギマダラに印

愛媛新聞ONLINE 10/14(金) 15:21配信

 春は南から北、秋は北から南へ渡り鳥のように長距離移動する大型のチョウ「アサギマダラ」のマーキング体験が13日、愛媛県今治市中日吉町2丁目の常盤小学校であり、4年生29人がチョウたちの旅路に思いをはせた。
 市内の愛好家でつくる「アサギマダラを呼ぶ会」が同校近くのフジバカマの畑などで捕獲した26匹を用意。石丸保会長(90)がマーキングの方法を教えた。

愛媛新聞社

最終更新:10/14(金) 15:21

愛媛新聞ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革