ここから本文です

米スプリントの「起死回生」狙う資金調達、経営再建へさらに時間稼ぐ

Bloomberg 10/13(木) 13:12配信

米携帯電話事業者スプリントは少なくとも当面の危機から脱した。

孫正義氏率いる親会社ソフトバンクグループからの大きな支援が経営難のスプリントを財務破綻の瀬戸際から救い出した。同社の最も貴重な資産を担保に資金調達し、債権者への返済に向けた時間を稼いだ孫氏と同氏のチームの手法はウォール街から高く評価された。

スプリントは12日、周波数帯を担保にした35億ドル(約3640億円)規模のセール・アンド・リースバックを提案した。これは主要資産を資金源に変える特別目的事業体を利用する孫氏のプランの3番目かつ最終的な部分。同社は今年、ネットワーク機器などを担保に差し出しており、向こう3年で期限を迎える債務100億ドルをカバーできる状況になった。

同社の株価は12日に急伸し、一時は2年ぶりの高値を付けた。同社の債券価格も上昇した。ギミー・クレジットの債券アナリスト、デーブ・ノボセル氏は、スプリントが目先の障害を乗り越えたものの、まだ安心できる状況には程遠いと指摘。「これは素晴らしい短期的解決策であり、正しい道筋を進んでいるが、債務返済のためにキャッシュフローを生み出す必要があろう」と語った。

スプリントの前途にはさらに多くの課題がある。4社が競合する米携帯電話業界で4位の同社は、370億ドルの債務を抱え長年赤字が続いている上、携帯電話市場の成熟で多額の販促費用が必要となっており、顧客流出を阻止するため値下げを迫られている。

原題:Sprint’s ‘Hail Mary’ Financing Buys More Time for Turnaround(抜粋)

Scott Moritz

最終更新:10/13(木) 13:12

Bloomberg