ここから本文です

ポンドの反発続かず、EU離脱めぐるメイ首相姿勢への不安が再燃

Bloomberg 10/13(木) 17:02配信

13日の外国為替市場で英ポンドは前日からほぼ変わらず。反発は長続きしなかった。

前日はメイ英首相が欧州連合(EU)離脱交渉に関して議会の発言を認めたという安心感から主要16通貨中15通貨に対して上昇したが、この日はまちまち。離脱に関して強硬と見受けられるメイ首相の姿勢への懸念が再燃した。

ロンドン時間午後4時6分現在、ポンドはほぼ変わらずの1ポンド=1.2188ドル。前日は0.7%高だった。対ユーロでは0.3%安の1ユーロ=90.44ペンスでの取引。

原題:Pound Rebound Cut Short as Traders Pine for Positive Brexit News(抜粋)

Charlotte Ryan

最終更新:10/14(金) 0:52

Bloomberg