ここから本文です

LME銅:下落、中国の弱い貿易統計が響く-NY銅も値下がり

Bloomberg 10/14(金) 7:46配信

13日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は下落。世界最大の金属消費国である中国の弱い貿易統計を受け、世界経済への信頼感が低下した。

中国の9月の輸出は予想に反して2月以来の大幅な減少となり、輸入も減少した。銅相場は今年に入りほぼ横ばいで、LMEで取引される主要6非鉄金属で最低のパフォーマンス。中国をめぐる不透明感が今後の需要の伸び見通しを損なっている。中国税関総署が13日発表したデータによれば、9月の銅輸入は2015年2月以来の低水準に落ち込んだ。

LMEの銅相場(3カ月物)は前日比2.1%安の1トン=4712ドルで終了。6月以来の大きな下げとなった。LMEでは亜鉛とニッケル、鉛、スズも下落。アルミニウムは値上がりした。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は前日比2.5%安の1ポンド=2.122ドル。

原題:China Trade Fizzle Divides Metals as Copper Drops and Gold Gains(抜粋)

Joe Deaux

最終更新:10/14(金) 7:46

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。