ここから本文です

2つの「ツイッター」、株価動向に大きな開き-競争ない微博は急上昇

Bloomberg 10/14(金) 14:51配信

米ツイッターと中国版ツイッターと呼ばれる微博は一見、共通点が多い。短文形式のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を手掛ける両社は、売上高の大半を広告から得ているし、字数制限を弾力的に運営し、買収観測の対象にもなっている。

だが一つ大きな違いがある。株価動向だ。ツイッター株が年初来で20%余り下落している一方、微博の株価はほぼ3倍の水準に上昇。中国市場における圧倒的な存在感が同社の売上高見通しを支えているためだ。

北京を本拠とする微博の時価総額は今や約110億ドル(約1兆1500億円)で、ツイッターの126億ドルに急速に迫っている。微博と異なり、サンフランシスコに本社を置くツイッターは、スナップチャットやインスタグラム、フェイスブックといった企業との競争激化に直面している。

モーニングスター・インベストメント・サービスで微博株を分析しているアナリスト、マリー・スン氏(香港在勤)は「ツイッターやインスタグラム、ユーチューブといった海外勢と競合しない微博が、中国で唯一のソーシャルメディアのプラットホームとなっている」と指摘。「厳しい検閲で海外勢は中国市場に参入できず、微博が成長のチャンスを捉えた」と述べた。

2009年にスタートした微博は、14年にはウェブポータル運営の新浪からスピンオフ(分離・独立)。微博の前四半期の純利益と売上高はアナリスト予想を上回り、米上場の微博株は現在、1年後の利益見通しに基づく株価収益率(PER)が51倍。ツイッターを含めた世界の同業他社は平均で約36倍となっている。

原題:China’s Twitter Is Doing Just Fine as Stock Soars 171% (1)(抜粋)

Taylor Hall

最終更新:10/14(金) 14:51

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。