ここから本文です

米シティ:7-9月の利益が予想上回る、債券トレーディング35%増収

Bloomberg 10/14(金) 21:41配信

米銀シティグループの7-9月(第3四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。債券トレーディング収入が前年同期から35%増えた。金利と通貨の取引が寄与した。

14日の発表によると、純利益は38億4000万ドル(約4000億円、1株当たり1.24ドル)と、前年同期の42億9000万ドル(同1.35ドル)から11%減少した。調整後1株利益の予想平均は1.15ドルだった。収入は5%減の178億ドル。アナリスト予想は173億ドルだった。

減収の大半は処分対象資産を集めたシティ・ホールディングス部門の48%減収と為替変動が理由だった。

債券トレーディング収入は34億7000万ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想平均29億5000万ドルを上回った。発表によると、いわゆるスプレッド商品と金利、外国為替取引が「改善」した。株式トレーディング収入は前年のバリュエーション調整を除いたベースで23%減の6億6300万ドル、アナリスト予想は7億8600万ドルだった。

トレーディング収入の総額は16%増の41億3000万ドル。投資銀行業務の収入は15%増の10億9000万ドルでアナリスト6人の予想平均を上回った。

原題:Citigroup Profit Beats Estimates on 35% Jump in Bond Trading(抜粋)

Dakin Campbell

最終更新:10/14(金) 21:41

Bloomberg