ここから本文です

ドイツ銀、信用ストレス信号が弱まる-社債発行で財務改善

Bloomberg 10/14(金) 23:26配信

ドイツ銀行の信用力に関するストレスの兆候が和らいだ。45億ドル(約4700億円)相当の社債発行で信頼感が高まった。

CMAのデータによると、ドイツ銀債をデフォルト(債務不履行)に対して1年間保証するコストは5年間保証するコストを下回り、カーブが正常化した。カーブは約2週間にわたり逆転し、投資家の目先の不安を示していた。

ドイツ銀は米司法省が住宅ローン担保証券問題で140億ドルの支払いを求めた以降で初めての起債で、2回合わせて45億ドルを調達した。米当局との合意が巨額になる恐れからクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは上昇していた。

CMAの価格によると、ドイツ銀の優先債を1年間保証するCDSのスプレッドは5年物を19ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下回っている。9月30日には66bp上回る逆転となっていた。

原題:Deutsche Bank Stress Signal Eases as Bond Sale Bolsters Finances(抜粋)

Katie Linsell

最終更新:10/14(金) 23:26

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。