ここから本文です

【シュートボクシング】内藤大樹vs植山征紀、MIOvs朱里の二大タイトル戦が決定

イーファイト 10/15(土) 0:33配信

 11月11日(金)東京・TDCホールで開催される格闘技イベント『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』の記者会見が10月14日(金)都内にて行われ、追加対戦カードが発表された。

【フォト】7月のアジア王者決定トーナメント決勝戦で対戦した朱里とMIO

 SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチで王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)vs挑戦者・植山征紀(ファントム道場)、SB日本女子ミニマム級王座決定戦でMIO(シーザージム)vsUnion朱里(GSB名古屋)の二大タイトルマッチが決定。

 内藤は2014年11月のS-cupで伏見和之を4RKOで下し、タイトル獲得。今回が初防衛戦となる。対する植山はSBニュージェネレーションとして期待され、9月大会の王座挑戦者決定トーナメントで國本真義、伏見を破り、今回のタイトル挑戦につないだ。現在11連勝中。両者は2013年11月の愛知大会で対戦経験があり、内藤が判定勝ちしている。3年ぶりの再戦を制すのはどちらか。

 また、MIOと朱里は4度目の対戦となり、これまでの3戦は全てMIOが勝利。7月のアジア王者決定トーナメント決勝戦では延長にもつれ込む大接戦を展開し、両者共に再戦を希望していた。

 朱里は「48kg級ではMIO選手が一番強くて(48kg級を)盛り上げると言ってますが、盛り上げるのは自分だと思います。次は圧倒的な差を見せ付けてKOで倒します!」と挑発メッセージを飛ばせば、MIOも「私とやりたいと二度と言わせないよう、次こそは差を付けてマットに沈めたい」と完全決着を予告している。王座を獲得するのはMIOか、朱里か。

最終更新:10/15(土) 0:33

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。