ここから本文です

【パ・リーグCS】ソフトB・スアレスが自己最速161キロ「個人的にはうれしい」

東スポWeb 10/15(土) 0:04配信

 ソフトバンクのロベルト・スアレス投手(25)が、14日に行われたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(札幌ドーム)で、自己最速の161キロをマークした。

 スアレスは1―4と日本ハムに3点リードされた8回に登板し、三者凡退に抑えた。まず4番・中田を遊ゴロに仕留めると、続く近藤に自身最速タイの159キロを3連発。レアードには159キロ、160キロ、161キロ、161キロと剛速球を投じ、最後はフォークで三ゴロに打ち取った。

 試合後、スアレスは「初めて160キロ、161キロを投げたので個人的にはうれしいが、3つのアウトを取るために仕事に行っただけです」と話した。161キロは日本球界で3位タイ記録。

 試合はソフトバンクが1―4で敗れ、日本ハムに日本シリーズ進出王手をかけられた。

最終更新:10/15(土) 0:04

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。