ここから本文です

成田空港、離着陸見える直営ラウンジ 第1ターミナルにオープン

Aviation Wire 10/15(土) 11:16配信

 成田国際空港会社(NAA)は10月15日、第1ターミナルの出国審査後エリアに直営ラウンジ「Narita TraveLounge(ナリタ トラベラウンジ)」をオープンした。

 場所は第1ターミナル中央ビル新館3階で、面積は300平方メートル、座席数は91席。これまであった大韓航空(KAL/KE)のラウンジが移転したことから、NAAが直営ラウンジの運営に乗り出した。

 シンプルな内装を取り入れ、大きな窓からは飛行機の離発着風景を楽しめるようにした。お茶やコーヒー、ソフトドリンク、無料のWi-Fiサービスを提供し、各席で充電できる。テーブル席のコンセントはUSB端子も2つセットになっておりフタを開けると現れる構造で、未使用時はすっきりとしたテーブルを演出している。

 営業時間は午前6時30分から午後9時30分まで。利用料金は1回につき12歳以上1人1200円、6歳から11歳は600円で、いずれも税込み。米ドルやクレジットカード、電子マネーでも支払うことができる。

 NAAでは、「航空会社のラウンジは、利用できるステータスを持っていない場合、1人3000円から5000円程度掛かる」として、値ごろ感をアピールする。カレーやラーメンなどの軽食やアルコール類も、有料で提供。食事は全日本空輸(ANA/NH)の機内食を手掛けるANAケータリングサービス(ANAC)が担当する。

 軽食の税抜価格は、チキンカレー(サラダセット)とハラールカレー、カルボナーラ(サラダセット)がそれぞれ800円、牛丼が600円、かき揚げそばと醤油ラーメンが各500円、パン3種類(ポンデケージョ、エスカルゴシュガー、デニッシュ)が400円、サンドウィッチ(ハム・チーズまたはタマゴ)とおにぎり2種(味噌汁セット)が各350円、オニオンコンソメスープが300円、サラダが200円、味噌汁が150円。そのほかにオードブルとケーキを用意している。

 アルコール類は、生ビール(アサヒスーパードライ)が550円、赤ワインと白ワインが各600円、ハイボールと日本酒が各500円となっている。

 NAAが直営ラウンジをオープンするのは初めて。一般エリアには、有料待合室などを設置している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:10/15(土) 21:22

Aviation Wire

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。