ここから本文です

16歳・平野美宇、決意の出発「中国選手に勝つ」“第2の愛ちゃん”目指す

デイリースポーツ 10/15(土) 6:02配信

 卓球の女子W杯シングルスを日本選手として初制覇した16歳の平野美宇(エリートアカデミー)が14日、新たに挑戦する中国スーパーリーグに参戦するため、羽田空港から中国に出発した。内モンゴル自治区の「オルドス1980」に所属し、16日に江蘇省で初戦を迎える予定。「中国選手に勝てるようになることが大事。技術や球の回転の速さなどを学んで帰ってきたい」とテーマを掲げた。

 「第2の愛ちゃん」を目指す。同リーグには以前、福原愛(ANA)が広東省などのチームに所属。平野は「(福原は)日本で一番、中国に勝てるけど、中国リーグに参加したことも大きいと思う。憧れなので、自分も近づけるように頑張りたい」と意気込んだ。

 すでに家庭教師をつけて中国語の勉強を開始しており、「みなさん、こんばんは。平野美宇です」とあいさつを披露。「チームメートとコミュニケーションを取れるようになりたい」。卓球王国の神髄を体得する。

最終更新:10/15(土) 7:21

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革