ここから本文です

<岡田将生>佐藤健に過去の失恋バラされ苦笑い

まんたんウェブ 10/15(土) 13:05配信

 俳優の岡田将生さんが15日、東京都内で行われた映画「何者」(三浦大輔監督)の初日舞台あいさつに登壇。佐藤健さんから、過去の失恋を「引きずっているでしょ。今も引きずってるんでしょ、ずーっと」とバラされ、苦笑いする場面があった。

【写真特集】佐藤健に有村架純、岡田将生ら豪華キャストが集結

 舞台あいさつには、有村架純さん、菅田将暉さん、山田孝之さん、二階堂ふみさん、三浦監督も出席。「失恋で一番引きずりそうなのは誰?」という質問に、複数から指を指された岡田さんは恥ずかしそうな表情。佐藤さんに昔の失恋を蒸し返され、「(話題が)古いー!」と突っ込んだものの、佐藤さんから「でも、これはいい意味じゃない? やさしい人。ピュアなんだよね、やっぱ」とフォローされると、岡田さんは「は……、はい」と素直に応じていた。

 一方、「この中で一番モテそうなのは誰?」の質問に、岡田さんは佐藤さんを挙げ、「一緒にいて楽しかったんですよね。どの人に対してもレベルを下げてくれて」と笑い、「なんてやさしい人なんだって、現場でホレてました」と絶賛。二階堂さんも、岡田さんと同意見で「かっこいいんですよ、本当に。いろんな話を持っていらっしゃいますし、人間的にも、男性にも女性にもモテる方だと思います」と語ると、佐藤さんは「すみません、ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべていた。

 「何者」は、朝井リョウさんの直木賞受賞作が原作で、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描いている。主人公の冷静分析系男子・拓人を佐藤さん、拓人のルームメイトの天真爛漫(らんまん)系男子・光太郎を菅田さん、拓人に恋心を抱く地道素直系女子・瑞月を有村さん、拓人の部屋の上の階に住んでいた意識高い系女子・理香を二階堂さん、理香と同居中の空想クリエーター系男子・隆良を岡田さん、拓人のサークルの先輩で達観先輩系男子・サワ先輩を山田さんが演じている。

最終更新:10/21(金) 20:08

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]