ここから本文です

ポール・オースターや西川美和の作品収録、文芸誌MONKEYで特集「映画を夢みて」

映画ナタリー 10/15(土) 10:15配信

本日10月15日にスイッチ・パブリッシングより刊行された文芸誌・MONKEY vol.10に、「映画を夢みて」と題した特集が組まれている。

翻訳家の柴田元幸が編集長を務める本誌。この特集には、ポール・オースターが映画「縮みゆく人間」についてつづったノンフィクション「映画に打たれて」、日系英国人作家カズオ・イシグロがBBCのテレビドラマ用に書いた脚本「ザ・グルメ」、監督作「永い言い訳」が公開中の西川美和による書き下ろし短編「我が心のデルフィーヌ」などが掲載されている。

MONKEY vol.10
スイッチ・パブリッシング 2016年10月15日(土)発売
価格:1296円

最終更新:10/15(土) 10:15

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革