ここから本文です

自然災害&ボイコット…波乱の中で開催された第21回釜山国際映画祭をふり返る

cinemacafe.net 10/15(土) 18:30配信

15日に閉幕する第21回釜山国際映画祭(BIFF)。アジアを代表する映画祭として毎年拡大を続けてきたBIFFだが、今年は台風18号により海雲台ビーチの会場が大きく破損したり、韓国映画監督組合がボイコットを表明したためパク・チャヌクら大物監督が不参加となるなど、波乱の10日間だった。

【画像】第21回釜山国際映画祭

トラブルの発端は2年前、セウォル号沈没事故におけるパク・クネ政権の対応を批判する映画『ダイビング・ベル』の上映にまで遡る。与党側の釜山市長は上映中止を要請したが、イ・ヨングァン前執行委員長は表現の自由と映画祭の独立性を主張し上映を実施。これが原因となりイ・ヨングァン氏は今春解任され、さらには検挙までされてしまったのだ。

これには韓国内外の映画人が反発。一時は開催さえ危ぶまれたが、“SUPPORT BIFF, SUPPORT MR. LEE”(釜山映画祭とイ・ヨングァン氏を支持しよう)が映画祭参加者の合い言葉となり、ベテラン女優ユン・ヨジョンが老娼婦を演じた『THE BACCHUS LADY』のような秀作も含め299本もの作品が上映され、イ・ビョンホン、チョン・ウソンらの大物俳優はレッドカーペット参加は見送ったものの、ファンとの対話の場には出席。また是枝裕和監督らアジアを代表する映画人が、映画祭の今後について語り合うなど実りもあった。

現在、ハリウッド映画『マグニフィセント・セブン』がヒット中で、さらには『インサイダーズ/内部者たち』で今回、釜山日報映画賞の主演男優賞を受賞したイ・ビョンホンはオープントークに登場。「17年前に亡くなった父は映画好きで、僕が物心ついた頃からテレビの名作劇場を観ながら解説をしてくれたり、映画館に連れていってくれました。僕がハリウッド映画に出た姿を観たら、どんなに喜んだことでしょう。僕はいつも父に観てほしいと思いながら演じています。そして父と同じように、息子を映画館に連れて行きたい」と映画愛と父親への愛を語った。

台湾のホウ・シャオシェン(『黒衣の刺客』)、韓国のイ・チャンドン(『ポエトリー アグネスの詩』)、日本の是枝裕和は「3人のマスター:アジア映画の連帯」と題したトーク・セッションに登場。イ・チャンドン監督は「今回の釜山市の対応は、イ・ヨングァン氏だけでなく、映画祭スタッフ、そして映画祭の参加者を傷つける結果となった。もっとヨングァン氏を、そして映画祭を讃えなくてはいけない。そして元の活気ある映画祭を取り戻さねば」と率直に問題に斬り込み、是枝監督は「僕は今回映画の上映はありませんが、ここで語るためだけにやって来ました。映画作りでは、自分のことよりも映画のために何が出来るかを考えないといけない。映画祭も同じで、20年後の映画祭のために何が出来るかを考えるのが大切」と語った。

『ダゲレオタイプの女』の黒沢清監督は手形セレモニーに、女優で映画祭執行委員長のカン・スヨンと出席。「自分の作品に自分の肉体の痕跡を残したことがないのですが、その初めての機会が釜山で嬉しいです。新しい一歩になる気がします」と笑顔を見せた。

ほかにも多くの映画人が、BIFFへの思い入れと支援を表明し、カン・スヨン執行委員長は映画祭の独立性を守ると誓った。来年のBIFFこそは、一点の曇りもない、映画の祝祭となることを望みたい。

最終更新:10/18(火) 19:52

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]