ここから本文です

【WEC】トヨタ中嶋一貴がトップタイム/フリー走行3回目

TopNews 10/15(土) 13:14配信

FIA世界耐久選手権(WEC)富士6時間は2日目を迎え、午前中にフリー走行3回目が行われた。

●【動画】引退を表明したマーク・ウェバー、記者会見での表情 小林可夢偉や中嶋一貴の会見も

■LMP1クラス:トヨタ、1位と4位

中嶋一貴がドライブするトヨタTS050ハイブリッド#5号車が1分24秒078を記録、ホームグランプリでトップタイムを記録した。

2番手はトヨタ5号車から0.422秒遅れのアウディR18 #8号車。3番手にポルシェ919ハイブリッド#2号車がトップから+0.480秒差で続いた。

昨日、トラブルに見舞われストップした小林可夢偉のトヨタ#6号車は、+0.817秒差の4位につけている。

■LMP2クラス:中野信治はクラス8番手

LMP2クラスにマノーからスポット参戦している中野信治は、全体16番手、LMP2クラス8番手につけている。クラストップからは約1.3秒遅れており、この後、中野の得意な「全員がドライブしやすい」セッティングに期待がかかる。

この後の公式予選は『LMGTE Pro』と『LMGTE Am』が14時から、『LMP1』と『LMP2』が14時30分から行われる。

最終更新:10/15(土) 13:14

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています