ここから本文です

アンジー弁護士チームが脅迫?米ブロガー激怒

シネマトゥデイ 10/15(土) 8:16配信

 米ゴシップブロガーのペレス・ヒルトンが、アンジェリーナ・ジョリーの弁護士チームから無礼で脅迫的な内容のメールを受け取ったことをInstagramで明かした。

重い雰囲気のブラピ&アンジー【写真】

 ヒルトンが書いた記事には、離婚問題で子供たちに会えなくなったブラッド・ピットがひどく悲しんでいるという内容のもの。これに対しアンジーの弁護士たちは、記事の内容を変更しない限り法的措置に出ると連絡してきたそう。

 アンジーとブラピの大ファンで、別れることを知ったときは涙したというヒルトンは激怒。Instagramに「このメッセージをアンジェリーナ・ジョリー自身に伝えてほしい。彼女は僕が大ファンであり、常に応援してきたことを知っている。怒りが収まらないよ!! 僕を敵に回したくないなら、すぐに謝罪をしてほしい。僕は何も変更しないぞ。訴えたければ僕の弁護士ブライアン・フリードマンに連絡をしてくれ。メールのCCにも含まれている。僕は違法なことは何もしていない。記事についても100%自信を持っている」と書いたメッセージを投稿。末尾には過激な言葉も付け加えている。

 結局、彼女の危機管理チームから連絡があり、謝罪があったそう。Radar Online によると、アンジーがヒルトンへ謝罪の電話をするように頼んだらしい。アンジーは今回の離婚騒動で、伝説的な危機管理のエキスパート、ジュディ・スミスをチームの一員として雇ったと報じられている。彼女はテレビドラマ「スキャンダル 託された秘密」でケリー・ワシントンふんするフィクサー、オリヴィア・ポープのモデルになった人物として知られている。

 ヒルトンはオーストラリアのラジオ番組で、アンジーの弁護士チームはさまざまなところで同じような圧力をかけているらしく、そのせいで彼女の印象が悪くなっているため、弁護士たちをクビにするべきだと言っている。(澤田理沙)

最終更新:10/15(土) 8:16

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]