ここから本文です

那覇市首里石嶺町で火災 数回の破裂音、けが人なし

琉球新報 10/15(土) 9:31配信

 15日午前2時25分ごろ、那覇市首里石嶺町の民家で火災が発生していると通報があった。那覇市消防局の消防士が消火活動に当たり、付近の住宅街は一時騒然となった。那覇署によると、民家は鉄筋コンクリート2階建てで全焼した。3人が居住していたがけがは確認されていないという。
 付近の住民は複数回の破裂音がしたと話した。火元の民家からみて道の奥にあるマンションに住む岡田和守さん(48)は「炎が窓から出ていた。バン、バンという破裂音が少なくとも3回はした。火災で道がふさがれると逃げられなくなると思って、早めに避難した」と振り返った。民家の前のマンション住む女性は「玄関がオレンジ色に光っていて火事だと分かった。逃げようと家を出た後にもバンと音がした。目の前なので怖い」と話した。付近に住む男性(39)は「花火のようなすごい音が聞こえた。外に出たら、火の粉がまだ飛んでいるような感じだった」と話した。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:10/15(土) 9:31

琉球新報