ここから本文です

「世界競争力ランキング」日本8位 中・韓国は停滞

ZUU online 10/15(土) 11:40配信

ダボス会議などを開催する世界経済フォーラム(WEF)が世界競争力ランキング2016-17をまとめ、スイスが8年連続で首位を守った。

昨年6位だった日本は2つ順位を下げ8位となったが、トップ10内にはとどまった。近隣のアジア諸国では、韓国26位、中国28位と日本に水をあけられた結果となったが、3ヶ国の順位を分けたものは何か。

■トップ10の顔ぶれは変化なし

このランキングは、世界経済フォーラムが138の国・地域の社会制度、インフラ、マクロ経済環境、保健や教育など12項目を対象として、順位を決定する。トップ10の顔ぶれは以下の通りとなり、トップ3のスイス・シンガポール・アメリカに変動はなかった上、トップ10圏内も順位に変動はあったものの、その顔ぶれに変化はなかった。トップ20のランキングは以下の通り。

1位(1)  スイス
2位(2)  シンガポール
3位(3)  アメリカ
4位(5)  オランダ
5位(4)  ドイツ
6位(9)  スウェーデン
7位(10)  イギリス
8位(6)  日本
9位(7)  香港
10位(8)  フィンランド

11位(11)  ノルウェー
12位(12)  デンマーク
13位(16)  ニュージーランド
14位(15)  台湾
15位(13)  カナダ
16位(17)  アラブ首長国連邦
17位(19)  ベルギー
18位(14)  カタール
19位(23)  オーストリア
20位(20)  ルクセンブルグ
カッコは前年順位

トップのスイスは、WEFが現行の制度を始めた2007年以来、最も高いスコアをたたき出した。個別の項目では、労働市場の柔軟性やイノベーションなど4項目でトップとなったほか、全体で39位だった市場規模の項目を除き、12項目中11項目でトップ10に入るなど、各分野でバランスよく強さを発揮した。

■イノベーション衰退でランキングダウン

トップ10を死守した日本だが、その中身を見ると厳しい現状が浮かび上がる。まず、ランキングの足を大きく引っ張った項目がマクロ経済環境。138の国・地域のうち104位という順位に沈んだ。財政赤字に加え、先進国でも最悪とされる国の借金の水準がランキングに響いた。さらにWEFは、インフレ率についても、2%の目標を掲げたものの、0%に近い水準で推移していると指摘。また、労働市場の柔軟性の項目では、雇用や解雇がスムーズにできない上、女性の雇用者数の評価が低かった。

一方、12項目のうちビジネスの洗練度(2位)、市場規模(4位)インフラ(5位)、健康・初等教育(5位)、イノベーション(8位)の5つの項目がトップ10入りした。ビジネスの項目の細部では、地元供給者の量、バリューチェーンが世界トップの評価を受けた。イノベーションについては、科学者と技術者の人材(3位)、企業の研究開発への投資(4位)、科学研究機関のレベル(13位)が評価されたが、2007年-2015年まで守ってきたイノベーション項目での世界トップ5からは転落。WEFは日本の技術革新力に衰えがみえるようだと指摘した。

アベノミクスに陰りがみえ、マクロ経済の環境が上向きそうにないなか、安倍政権が掲げる「女性の輝く日本へ」で、女性の雇用機会を拡大できるかが来年以降のランキングで評価が下されそうだ。

■韓国、中国は停滞 昨年と同じランク

アジアのライバル国では、韓国が26位にランクイン。いくつかの評価対象項目で改善がみられたものの、3年連続で同じ順位にとどまった。日本にとってランキングの足手まといとなったマクロ経済環境では、韓国は財政の健全性が評価され、昨年より2つ順位を上げてノルウェー、カタールに次ぐ3位となった。

また、インフラ(10位)の項目も初めてトップ10入りを果たした。一方、労働市場の柔軟性は日本同様評価が低く、労働者と雇用者の関係(135位)、雇用と解雇の柔軟性(113位)、女性の雇用者数(90位)などの項目で後れを取った。さらに、スマートフォン市場など世界の電子機器部門をリードする韓国メーカーだが、イノベーションの評価は20位にとどまった。科学者と技術者の人材(39位)、科学研究機関のレベル(34位)などが日本に大きく水をあけられる結果となった。

世界最大のマーケット規模を誇る中国は全体のスコアはアップしたものの、韓国と同様3年連続の同じ順位の28位にランクイン。約14億人の市場は引き続き、マーケット規模で世界トップを守ったほか、高等教育と訓練の項目で14ランクアップの54位、ビジネスの洗練度も4ランクアップの34位と改善をみせた。マクロ経済環境は8位となったが、WEFは財政赤字が2014-15の期間と比較すると2倍に増加したと指摘し、こうした財政状況の悪化が足かせとなった。

また、商品と市場の効率性(56位)については、ビジネスを始めるのに1ケ月以上の時間を要し、外資系企業が中国市場に参入するのに高い障壁が競争原理を欠いているのが問題。さらに、金融部門(56位)も競争原理の欠如などからランキングを落とす結果となり、全体の順位アップにつながらなかった。(ZUU online 編集部)

最終更新:10/15(土) 11:40

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。