ここから本文です

竹達彩奈さん&久野美咲さんがシークレットゲスト! 『アイマス シンデレラガールズ』4thライブSSA公演1日目リポート

ファミ通.com 10/15(土) 23:42配信

文・取材:編集部 北口徒歩2分、撮影:オフィシャル

●5周年記念ソング『EVERMORE』が初披露
 2016年10月15日と16日の2日間、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story”のさいたまスーパーアリーナ公演が開催。その1日目“DAY1 Brand new Castle”には、藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、青木志貴さん(二宮飛鳥役)、飯田友子さん(速水奏役)、今井麻夏さん(佐々木千枝役)、桜咲千依さん(白坂小梅役)、金子真由美さん(藤本里奈役)、金子有希さん(高森藍子役)、木村珠莉さん(相葉夕美役)、佐藤亜美菜さん(橘ありす役)、下地紫野さん(中野有香役)、鈴木絵理さん(堀裕子役)、高野麻美さん(宮本フレデリカ役)、立花理香さん(小早川紗枝役)、種崎敦美さん(五十嵐響子役)、千菅春香さん(松永涼役)、長島光那さん(上条春菜役)、原優子さん(向井拓海役)、春瀬なつみさん(龍崎薫役)、牧野由依さん(佐久間まゆ役)、村中知さん(大和亜季役)、杜野まこさん(姫川友紀役)、山下七海さん(大槻唯役)、ルゥティンさん(塩見周子役)、和氣あずみさん(片桐早苗役)らが出演。タイトル通り、『シンデレラガールズ』のライブイベントに初めて出演する人が多く、フレッシュな顔ぶれとなった。
※高野麻美さんの“高”の字は、本来は、はしごだかです。また、種崎敦美さんの“崎”の字は、本来は山+立+可です。

※関連記事
●安野希世乃さんサプライズ出演の“伝説”に沸く! 『アイマス シンデレラガールズ』4thライブ神戸初日公演リポート
●サプライズはニュージェネ揃い踏み&VR用の新曲披露! 『アイマス シンデレラガールズ』4thライブ神戸2日目公演リポート

 千川ちひろ(声:佐藤利奈さん)により、公演に際しての諸注意がアナウンスされると、いよいよライブがスタート。ステージに築かれたシンデレラの城が姿を現し、三船美優(声:原田彩楓さん)らの特別ナレーションが会場のプロデューサー(『アイドルマスター』シリーズを応援する人たち)を喜ばせる。そして『BEYOND THE STARLIGHT』のイントロが流れ出すと、本日の主役たちが登場。2階建ての豪奢な城もさることながら、キャスト陣が身につけている衣装のデザインがすべて異なり、各アイドルをモチーフにしたものになっていることもプロデューサーたちの度肝を抜いた。

 パッション組による『Flip Flop』で幕を開けた第1ブロックは、『恋のHamburg♪』、『青の一番星』、『共鳴世界の存在論』、『き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!』の計5曲。立花さんとルゥティンさんは、小早川紗枝と塩見周子という、同じ京都出身アイドルを演じる者どうしで『青の一番星』を歌えたことを喜んだ。

 続いては、『Bloody Festa』、『お散歩カメラ』、『lilac time』、『明日また会えるよね』、『Radio Happy』、『気持ちいいよね 一等賞!』、『Can't Stop!!』を披露。『明日また会えるよね』でキャスト陣が馬車(トロッコ)に乗ってアリーナ席と2階席のあいだを回ったかと思えば、『Radio Happy』ではアリーナ席中央のステージを使用するなど、会場を大きく使ったパフォーマンスは見応えたっぷり。また、『気持ちいいよね 一等賞!』では、この楽曲の恒例行事となりつつある野球対決も。今回のピッチャーは原さん。原さんはキャッチャーのサインに首を振り、バッターボックスに立つ杜野さんをチェンジアップで仕留めにかかるが、杜野さんはタイミングを合わせ、筒香嘉智選手ばりのフルスイング。さいたまの夜に、白球のアーチを描いてみせた。ヒロインインタビュー(曲後のトーク)で杜野さんは、ダメ(スタンドまで届かない)かと思ったが、チアガールとして応援してくれたキャスト陣や、客席のプロデューサーたちの声援が、最後のひと押しをしてくれたと感謝した。

 『きみにいっぱい☆』、『恋色エナジー』、『花簪 HANAKANZASHI』、『秘密のトワレ』、『咲いてJewel』、『ミラクルテレパシー』、『To my darling…』、『Near to You (Long Intro Ver.)』の8曲を歌った第3ブロックでは、とてつもないサプライズが発生。と言っても、前述の楽曲ラインアップに輿水幸子の曲があることと、本記事のタイトルを合わせて考えれば、何が起こったのかはだいたいわかるかもしれない。そう、シークレットゲストとして竹達彩奈さん(輿水幸子役)が登場したのだ。『ミラクルテレパシー』の後、鈴木さんたちが何かを念じると、ステージから竹達さんがせり出してくる……という演出で竹達さんが登場した瞬間の歓声は、まさしく今日いちばんのものだった。

 続く楽曲は、『Absolute NIne (Long Intro Ver.)』、『Dance ShowCase - Hotel Moonside』、『in fact』、『あいくるしい』、『生存本能ヴァルキュリア』の5曲。『Hotel Moonside』では、色調がモノトーンに統一されたステージ上で、ダンサー陣が一糸乱れぬパフォーマンスを見せた。ダンサー陣は、ステージモニターにシルエット的に映し出されており、それはさながら、月のうさぎといったところ。なんとも粋な演出だ。

 『Lunatic Show』、『Tulip』、『純情Midnight伝説 (Long Intro Ver.)』、『ハイファイ☆デイズ (Long Intro Ver.)』、『みんなのきもち (Long Intro Ver.)』が披露されたブロックでは、またまたサプライズが発生。これも記事タイトルでネタバレしているが、竹達彩奈さんに続くシークレットゲストとして久野美咲さんが現れ、今井さん、春瀬さんといっしょに『ハイファイ☆デイズ』を歌ったのだ。さらに、久野さんは『みんなのきもち』をソロ歌唱。楽曲が始まる前は、緊張で目に涙を浮かべていたという久野さんだったが、それを感じさせない姿はさすがのひと言。また、久野さんを応援するべく、マスコットキャラクターのぴにゃこら太とともにキャスト陣がダンサーを務め、ステージを盛り上げた。

 最後の曲『GOIN’!!!』が終わると、キャスト陣がいったん退場し、プロデューサーたちがアンコールを送る。すると、その声に応えて千川ちひろが再登場。『シンデレラガールズ』の未来を少しだけ見せるということで、マンガ『アイドルマスター シンデレラガールズ U149』の新連載、コンビニエンスストア“ローソン”とのタイアップ企画、ゲーム内イベント、音楽CDの発売といった新情報を公開した。ちひろの発表が終わると、キャスト陣が再びステージへ。そして、2016年11月28日の『シンデレラガールズ』5周年を記念して作られた楽曲『EVERMORE』を初披露した。
※関連記事
『アイドルマスター シンデレラガールズ』5周年記念イベントや第5回総選挙CDなどが発表!

 竹達さんと久野さんが合流し、出演者ひとりひとりがプロデューサーたちに挨拶すると、ステージにかけられた“魔法”の時間もあとわずか。最後は、『シンデレラガールズ』を象徴する楽曲『お願い!シンデレラ』を全員で歌い、ライブは幕を閉じた。

 島村卯月役の大橋彩香さんを始め、これまでのイベントで核となってきたメンバーがほぼいない中での今回のライブ。どんなものになるのか、記者としては興味津々だったが、ライブを見終わった後に思うのは、最高に最高だった、ということだ。……語彙力がいきなり低下してしまったが、もうちょっと詳しく言うと、メンバーがガラッと変わっても、間違いなく『シンデレラガールズ』のライブであることを感じさせてくれる内容だったし、また『シンデレラガールズ』の新たな一面も見ることができた。だから最高だった、というわけだ。出演者たちは、声優である自分自身と、自身が演じるアイドルというふたつの面を持っているわけだが、そのどちらの魅力も十分に出し切った、すばらしいパフォーマンスを見せてくれた。また、作り込まれた城のセットや各アイドルの衣装、ステージの演出などが“『シンデレラガールズ』らしさ”の表現にひと役買ったことにも触れておきたい。“Brand Newな面々で、Brand Newなことをする”という今回のライブでは、そういった演出面がこれまでよりもさらにパワーアップしていた。 
 また個人的に、Brand Newな面々の中では、青木志貴さんに注目していた。というのも、彼女は週刊ファミ通のモデルである“ゲーマーズエンジェル”として長らく活躍してくれているからだ。そんな青木さんがさいたまスーパーアリーナのライブに出演すると聞いたときは、どうなるのかとちょっと不安もあったが、いざステージが始まると、そんな不安を一蹴。『共鳴世界の存在論』で見せた歌とダンスは、間違いなく二宮飛鳥のそれだった。いやあ、すごいです。

 ライブの2日目は、346プロのメンバーを中心にしたステージとなる。こちらには、ファミ通のニコ生『青木瑠璃子のI have Controller』でパーソナリティーを務める青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)らが出演予定。明日のアイドルたちは、どんな“魔法”で楽しませてくれるのだろうか。

■THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story DAY1 Brand new Castle セットリスト(敬称略)
01.BEYOND THE STARLIGHT(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.Snow Wings(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
03.Flip Flop(金子有希・鈴木絵理・杜野まこ・山下七海・和氣あず未)
04.恋のHamburg♪(種崎敦美)
05.青の一番星(ルゥティン・立花理香)
06.共鳴世界の存在論(青木志貴)
07.き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!(高野麻美・・鈴木絵理・種崎敦美・村中知・和氣あず未)
08.エヴリデイドリーム(牧野由依・下地紫野・長島光那)
09.Bloody Festa(桜咲千依)
10.お散歩カメラ(金子有希・今井麻夏・春瀬なつみ)
11.lilac time(木村珠莉)
12.明日また会えるよね(藍原ことみ・金子真由美・下地紫野・?野麻美・立花理香・種崎敦美・牧野由依)
13.Radio Happy(山下七海)
14.気持ちいいよね 一等賞!(杜野まこ・木村珠莉・?野麻美・種崎敦美・原優子・牧野由依)
15.Can't Stop!!(和氣あず未・飯田友子・金子有希・鈴木絵理・立花理香・千菅春香・山下七海)
16.きみにいっぱい☆(金子有希・木村珠莉・鈴木絵里・原優子・春瀬なつみ・杜野まこ・山下七海・和氣あず未)
17.恋色エナジー(下地紫野)
18.花簪 HANAKANZASHI(立花理香・種崎敦美・牧野由依)
19.秘密のトワレ(藍原ことみ)
20.咲いてJewel(青木志貴・飯田友子・今井麻夏・桜咲千依・佐藤亜美菜・千菅春香・長島光那・村中知・ルゥティン)
21.ミラクルテレパシー(鈴木絵理・山下七海・和氣あず未)
22.To my darling…(竹達彩奈)
23.Near to You (Long Intro Ver.)(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
24.Absolute NIne (Long Intro Ver.)(藍原ことみ・木村珠莉・原優子・ルゥティン)
25.Dance ShowCase - Hotel Moonside(飯田友子・青木志貴・千菅春香)
26.in fact(佐藤亜美菜)
27.あいくるしい(立花理香・牧野由衣)
28.生存本能ヴァルキュリア(今井麻夏・金子真由美・金子有希・木村珠莉・佐藤亜美菜・千菅春香・長島光那・原優子・春瀬なつみ・村中知)
29.Lunatic Show(桜咲千依・金子真由美・村中知)
30.Tulip(藍原ことみ・飯田友子・?野麻美・ルゥティン)
31.純情Midnight伝説 (Long Intro Ver.)(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知)
32.ハイファイ☆デイズ (Long Intro Ver.)(今井麻夏・春瀬なつみ・久野美咲)
33.みんなのきもち (Long Intro Ver.)(久野美咲・藍原ことみ・青木志貴・今井麻夏・桜咲千依・金子真由美・佐藤亜美菜・下地紫野・長島光那・春瀬なつみ・杜野まこ・ルゥティン)
34.GOIN’!!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
En01.EVERMORE(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
En02.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

最終更新:10/15(土) 23:42

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]