ここから本文です

由伸巨人まずは現存選手で“補強” 立岡、重信に二塁再挑戦プラン

デイリースポーツ 10/15(土) 6:03配信

 巨人・立岡宗一郎外野手(26)と重信慎之介外野手(23)が、二塁に再挑戦するプランが浮上していることが14日、分かった。二塁はチームが抱える課題。高橋監督は就任2年目を迎える来季の改革として、俊足の2人の選択肢を増やし、戦力の底上げを図る。

 今季の二塁は70試合のクルーズを筆頭に、9人が先発するなど最後まで正二塁手を確立できなかった。そこで来季はクルーズ、片岡、山本らの候補に2人を加え、争いをより激化させる方針だ。秋には若手中心の宮崎キャンプが行われるが、指揮官は「当然やらなきゃいけない人は多くなるんじゃないですか?」と厳しい秋を予告している。

 2人は今季、全て外野での出場。二塁での出場が実現すれば立岡は昨季以来、重信は大学以来となる。ともに長所に「足」を持ち、チームに今年足りなかった走塁面での貢献度も高められる存在だ。今オフにはFA、ドラフトなども控えるが、まずは現存選手での“補強”でチームを活性化させる。

最終更新:10/15(土) 7:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。