ここから本文です

県が「ふくしまパスポート」 県内への移住後押し

福島民報 10/15(土) 9:43配信

 福島県は14日、県内への移住を検討している人に、レンタカー利用料割引や住宅ローンの金利優遇などのサービスを提供する「ふくしまチャレンジパスポート」を発行した。
 移住先を探す際の移動や、転居時の住宅取得を後押しする。東京・有楽町の東京交通会館にある県の移住相談窓口「福が満開、福しま暮らし情報センター」の来場者や、県ホームページに掲載しているアンケートの回答者に交付する。
 県内で営業しているレンタカー会社と地銀合わせて11社が協賛している。県は「今後も協賛社を募り、官民一体となって福島のファンを増やしたい」としている。
 パスポートの使用期限は平成32年3月末まで。移住支援に関する問い合わせは県観光交流課 電話024(521)7286へ。
 協賛社は次の通り。
 ▽レンタカー=ジェイアール東日本レンタリース、日産レンタカーソリューション、エックスレンタリース北都(オリックスレンタカー)、オリックスレンタカー・カメイ、オリックスレンタカー栃木、ニッポンレンタカー東北、トヨタレンタリース新福島、トヨタレンタリース福島
 ▽地銀=東邦銀行、大東銀行、福島銀行

福島民報社

最終更新:10/15(土) 11:43

福島民報