ここから本文です

「不気味なピエロ」騒動余波で米・マクドナルドのドナルドに出演制限報道 日本マクドナルド「現状、日本では自粛しない」

ねとらぼ 10/15(土) 12:45配信

 米マクドナルの広報担当者がマスコットキャラクター「ドナルド・マクドナルド」の「登場回数を制限する」と発言したと海外で報じられて話題になっていますが、日本マクドナルドは「現状日本でのドナルドの出演制限はありません」と取材に対して明かしました。

【日本での影響は】

 AP通信など複数の報道によると、2016年8月ごろから全米各地でピエロの格好をした人物が出没し、子どもを誘拐しようとしたというウワサが流布。その後イギリスやオーストラリアなどにも「不気味なピエロ」の騒動が飛び火し、ピエロの姿でおなじみのマスコットキャラクター「ドナルド」にもその影響が及んだとされています。

 日本マクドナルド・PR部はこの騒動について「報道を通じて把握しています」と回答。ただし海外での状況と日本国内での状況は異なるとして、今後については「最適な状況を考えていきたい」と話しました。

 またドナルドについては「長年楽しいお友達として親しまれているキャラクター」であると説明し、マクドナルドにとっても大切なキャラクターであるとしています。

 海外ではもう少し続きそうな不気味なピエロ騒動。今後の動向注目が集まります。

最終更新:10/15(土) 15:09

ねとらぼ