ここから本文です

馬場ふみか、内田理央の特大パネル広告にべったりする姿が完全に不審者

ねとらぼ 10/15(土) 12:50配信

 週刊プレイボーイが創刊50周年を記念し、東京メトロの新宿駅地下通路(メトロプロムナード)に掲出している特大パネル広告に、モデルで女優、グラビアアイドルとして活躍中の馬場ふみかさんがべったりと張り付く姿を自身のSNSで公開しました。おまわりさんこっちです。

【画像:生だーりおに緊張気味の馬場ふみかさん】

 旬のグラビアアイドル10人が等身大で壁面を飾る中、マスクで顔を半分以上覆い、水着姿の内田理央さんのお尻に手を当て「理央は俺のものだ」と言わんばかりの馬場さん。隣に自分の水着姿が展示されていてもそっちのけです。

 2人は「仮面ライダードライブ」でヒロインと敵幹部として共演し、先日も「Vシネマ ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート」完成披露試写会で一緒に過ごしたことを報告するほどの仲の良さ。ナマの内田さんとのツーショットは大人しいんだね……分かる。それがファン心理(うなずき)。

 この1枚にファンからは「最高の美女コンビじゃ~」「愛を感じる画ですねww」など、2人が並ぶパネルや内田さんへの愛を讃えるコメントが寄せられた一方で、往来での行為に「女子とはいえふみかちゃん勇気あるわ~笑」「痴漢は犯罪です」とのコメントも。その後Twitterではおまけのように自身のパネルも紹介した馬場さん。12月2日にはファースト写真集が発売予定です。

最終更新:10/15(土) 12:50

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]