ここから本文です

【MotoGP 第15戦日本】中須賀克行は予選16番手、Q2進出は逃すも「かなり手応えがつかめてきた」

レスポンス 10/15(土) 21:52配信

2016年のMotoGP第15戦MOTUL日本グランプリ。MotoGPクラスにワイルドカードで参戦している中須賀克行(Yamalube Yamaha Factory Racing Team)は総合16番手で予選を終えた。

[関連写真]

今朝のフリー走行3回目で、1分46秒807を記録し、今週末の自己ベストタイムを更新。さらにペースアップも期待されたが、セッション中盤に転倒を喫してしまった。右肩を痛めたものの、午後の予選は問題なく出走。Q2に進むべく、序盤から積極的に攻め、4周目に1分46秒627をマーク。一度ピットに戻って再度タイム更新を狙ったが、自己ベストを塗り替えることができず、Q1で6番手。総合16番手から明日はスタートとなる。

目標としていたQ2進出が叶わなかったが、昨日と比べると手応えはかなり掴めたとのこと。「だいぶ手応えがつかめてきて、フロントのフィーリングがつかめてきました。走るたびに良くなっています。最後もう1周アタックに行きたかったんですが…。周りのライダーは一発でタイムを出すのに慣れていて前に行かれちゃったけど、明日は勝負ができるんじゃないかなと思っています。(ポジションを)3つぐらい上げれたらいいんじゃないかなと思っていますが、そこから先はアベレージがまた一段上に行っちゃうので、ちょっと厳しいかなと思います。でも、明日が本当に楽しみです」と語っていた。

いよいよ5回目の挑戦となる明日の決勝レース。昨日までは納得がいかない様子だったが、今日の走行では確実に何かをつかんだ様子。昨年も雨の中で素晴らしい追い上げをみせ、8位フィニッシュを果たしているだけに、明日の決勝でも素晴らしい追い上げが期待できそうだ。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:10/15(土) 21:52

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。