ここから本文です

東西の文化、感動織りなす 郡山で「時空間絵巻」

福島民報 10/15(土) 12:17配信

 太神楽(だいかぐら)やオペラなど東洋と西洋の文化を融合したイベント「郡山時空間絵巻」は14日、福島県郡山市の開成山大神宮で開かれ、ライトアップされた拝殿で繰り広げられる伝統文化の競演が観衆を魅了した。
 落語芸術協会の主催、郡山市、県観光物産交流協会の共催、福島民報社などの後援。平成32(2020)年の東京五輪に向けて地域活性化や外国人観光客増加を図る。色とりどりの照明で演出された拝殿を舞台に3部構成で公演した。1部は奇術の一種の和妻(わづま)や太神楽、2部は市内の開成小合唱部が歌声を披露した。メインの3部では、野外オペラ「トゥーランドット」などを上演した。
 参道に郡山市中田町の伝統工芸品「海老根手漉(てすき)和紙」で作った灯籠が並び、境内を幻想的な光で包んだ。

福島民報社

最終更新:10/15(土) 12:19

福島民報