ここから本文です

まひした手にロボットアームで触覚を取り戻す! 米国防総省の研究機関が実験に成功

ねとらぼ 10/15(土) 21:25配信

 DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)が、ロボットアームを使って触覚を取り戻す実験に成功しました。

【ロボットアームを使った実験の様子】

 被験者になったのは2004年の交通事故で四肢まひになってしまったネイサン・コープランドさん。実験ではコープランドさんの脳に、手の触覚に反応する4つの微小電極を取り付けました。ロボットアームに加わった力を検知し、物理的な感触を電気信号に変換、脳に設置した電極に刺激のパターンを返すという仕組みです。

 コープランドさんが目隠しした状態で、研究員がロボットアームをそっと触ったところ、ほぼ100%の正確性で触れられたことが分かったとのこと。ロボットアームからの感覚を「まるで自分の手が触れられたみたい」と語っています。

 YouTubeに実験の動画が投稿されていますが、「人差し指」、「薬指」などと、触れられた指をコープランドさんが声に出して言う様子が収められています。

 10月13日に開催されたホワイトハウスフロンティアズカンファレンスでもこの実験結果が披露され、コープランドさんがオバマ大統領と握手を交わす様子がTwitterに投稿されています。

最終更新:10/15(土) 21:25

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]