ここから本文です

上宮太子 秋は03年以来の大阪決勝進出

デイリースポーツ 10/15(土) 12:55配信

 「秋季高校野球大阪大会・準決勝、上宮太子7-0初芝立命館」(15日、舞洲ベースボールスタジアム)

 上宮太子が七回コールドで初芝立命館を下し、センバツがかかる秋季大会では03年以来、13年ぶりに決勝進出を果たした。近畿大会出場を決める原動力になったのがエース・森田輝投手(2年)。身長171センチながら大黒柱として君臨する最速143キロ右腕が、準決勝でも7回4安打無失点と好投した。

 立ち上がりからキレのいいストレートと変化球で凡打の山を積み重ねた森田。中盤にフォームが乱れたことで6四球を与えたが「フォアボールが無ければ、いい感じで投げられていたかなと思います」と、走者を背負っても決定打を許さなかった。

 2年の春からエースナンバーを背負い、今夏の浪速戦で敗れた際には「3年生の先輩たちの夏を終わらせてしまった」と悔しさから号泣したという。新チームでは主将を任されたが、責任感の強さからいっぱいいっぱいになり、自身の練習もおぼつかなかくなった。

 その状況を察知した日野監督が主将交代を決断。「自分がまとめきれなくて…。投手に専念させてもらった」(森田)ことでマウンドの大黒柱として急成長を果たした。「今のスタイルを変えずに、緩急をつけてテンポよく打ち取っていきたい」と力を込めた。来春センバツへ、一番乗りで激戦区の大阪を突破した。

最終更新:10/15(土) 14:29

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。