ここから本文です

桃井かおり「フクシマ・モナムール」に自信「ステレオタイプの“ゲイシャ”ではない」

映画ナタリー 10/15(土) 22:11配信

本日10月15日、「ドイツ映画祭2016『HORIZONTE』」が開幕。東京のメルセデス・ベンツ コネクションで行われた記者会見に「フクシマ・モナムール」のキャストである桃井かおりが出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「フクシマ・モナムール」は、傷心のドイツ人女性マリーが慰問のため出向いた福島で、同地最後の芸者だという女性サトミと知り合い、友情を深めていくさまを描いた人間ドラマ。

記者から「なぜ芸者という役を受けたのか? 正直、外国映画で芸者というのは、かなりステレオタイプで陳腐な役柄設定と感じるのですが……」と質問が飛ぶと、桃井は「私が演じたのは、いわゆる“フジヤマ、ゲイシャ”に連想される“ゲイシャ”とはまったく異なります」とコメント。そして「キャラクターのもとになったのは実在した釜石最後の芸者と言われた方で、人も物もすべてを震災で失いながらも、自分が死んでしまうと歌の継承者が途絶えてしまう……。時に死にたくなるようなつらさを感じつつも、その継承の火を途絶えさせたくないという一心が、彼女の生命力を強くしている、そんなキャラクターです」と続け、「ステレオタイプの“ゲイシャ”ではまったくなく、むしろ今まで海外作品で描かれた中で一番正しい“芸者”像だと自負しています」と自信をのぞかせた。

また撮影地である福島について、桃井は「あの震災後、日本中が同じボートに乗って福島を見守っている気持ちでしたので、ぜひ参加したいと感じました。復興に向かっているまさに最中に映画の撮影で私たちはお邪魔し、皆さんに何かエネルギーになるようなものをお届けできればと思っていましたが、逆に現地の皆さんに本当にお世話になりました」と真摯に語る。その言葉を受けて監督のドーリス・デリエは「ドイツは、あの福島の震災後に原子力発電から撤退した唯一の国であり、そういった部分でも日本とのつながりの深さを感じますし、こういったテーマの作品をエンタテインメントとして表現できたことは貴重な体験でした」と振り返った。

会見にはそのほか、同作の音楽を手がけたウルリケ・ハーゲ、「クリスマスの伝説―4人の若き王たち」の監督テレーザ・フォン・エルツとキャストのイェラ・ハーゼ、「メテオール通り」の監督アリーヌ・フィシャー、「閉ざされた部屋の嵐」の監督イザベル・シュテーヴァー、「アンネの日記」でメガホンを取ったハンス・シュタインビヒラーが出席した。

「ドイツ映画祭2016『HORIZONTE』」は10月19日まで東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催中。

最終更新:10/15(土) 22:11

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]