ここから本文です

楽天・オコエ、2年目の目標はOPS8割 フェニックス・リーグで奮闘中

デイリースポーツ 10/15(土) 14:00配信

 気温は10月にして32度。南国・宮崎の真夏のような太陽のもと、楽天・オコエ瑠偉外野手(19)は充実の表情を浮かべていた。みやざきフェニックス・リーグに参加中の背番号9は、「1打席でも多く打席に立ちたい。ガンガン打席に立ちたいです」と実戦漬けの日々を有意義に受け止めていた。

【写真】オコエの妹はバスケの有力選手 兄も驚嘆「デカいのに速い」

 高卒野手として球団史上初の開幕1軍を手にしたルーキーイヤー。51試合に出場し、打率・185、6打点、1本塁打。「まだまだ課題ばかりです。1軍にいられたからこそ、分かったものもありましたし、何をすれば良いか見えてきた気がします」と振り返った。

 そんなオコエが、来季の目標にしているものがある。OPS(出塁率+長打率)を向上させることだ。「目標は8割」と話し、「自分は打率が高いタイプのバッターではないから、OPSを上げることを目指したい。出塁もそうですし、自分の場合、足を使って長打を稼いだりもできるので」

 俊足が武器の一つで、盗塁に話が及びがちだが、「盗塁は、まず塁に出ないと意味がない。だから数もそんなに気にしたことはない。決めるんだったら成功率10割にしたいとかはありますけど、今は盗塁するんだったら、ヒット1本打ちたい」とオコエ。単打を二塁打にしてしまうストロングポイントを、あくまで打撃で生かし、プレーヤーとしてのスタイルを確立したいと考えている。

 1年目のオコエはOPS・527(出塁率・233+長打率・294)だった。今季、リーグでOPS8割超えを果たしたのは計11人。トップがソフトバンク・柳田の・969だった。以下、ロッテ・角中、西武・浅村、オリックス・糸井、西武・メヒアと、リーグを代表する打者がズラリと並んだ。

 ただ内訳として本塁打が多いメヒア、日本ハム・レアード(OPS7位)らは出塁率3割台前半で長打率が5割台なのに対し、例えば糸井は出塁率・398、長打率・451とバランスが取れている。オコエが目標とする選手に挙げる日本ハム・陽岱鋼は出塁率・3594、長打率・4303でOPS・7897だ。脚力があり比較的プレースタイルが似通っているこの2者を目安としていくことになるだろう。

 オコエの強みの一つが、目指すものに近づくために、自分で考えて練習に取り組むことができることだ。みやざきフェニックス・リーグでは、試合後に行われる練習で、志願して捕手の強化メニューに参加している。「見ていて一番しんどいメニューをやっている。自分から飛び込むことにしました」。ドラフト同期で、静岡高から4位で入団した捕手・堀内とともに、プロテクターとレガースを着けてスクワットなどを敢行。下半身を強化して長打力アップにつなげようとしている。

 2年目の進化へ、具体的な目標を持ち、挑むオコエ。来季、定位置へ殴り込みをかけられるか。(デイリースポーツ・福岡香奈)

最終更新:10/15(土) 14:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。