ここから本文です

G大阪10冠へ1-0で前半終了 アデミウソン50m独走弾

デイリースポーツ 10/15(土) 14:01配信

 「YBCルヴァン杯・決勝、G大阪-浦和」(15日、埼玉スタジアム2002)

 G大阪が前半17分、FWアデミウソンのゴールで先制し1-0で浦和をリードして前半を終えた。

 1トップに入ったアデミウソンは、自陣で遠藤からパスを受けると、浦和のDF槙野と競り合いながら突破。さらにDF森脇を振り切ると冷静に左足でシュートを決めた。約50メートルを独走する個人技を生かした得点だった。

 浦和は32分に左アウトサイドMFの宇賀神が負傷するアクシデントも。前半36分で駒井と交代せざるを得なくなった。前線の興梠、武藤、高木に縦パスを当ててから崩す持ち前の攻撃も、G大阪の守備陣に対応されている。

 対するG大阪もカウンターを織り交ぜチャンスをつくり、28分にはアデミウソンが絶好機を迎えたが、GK西川に阻まれた。

 G大阪はJ1リーグ戦(2回)、リーグ杯(従来のナビスコ杯、現行のルヴァン杯=2回)、天皇杯(4回)、ACL(1回)の主要タイトルで通算9回優勝しており、今大会を制すると通算10冠を達成する。

最終更新:10/15(土) 14:05

デイリースポーツ