ここから本文です

広島・田中 またまた初回出塁で先制ホーム

デイリースポーツ 10/15(土) 14:21配信

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 広島の田中広輔内野手(27)が、またまた初回に出塁した。DeNAの先発・今永と対し、6球ファウルで粘って四球で出塁した。今シリーズでは、4試合全て初回に出塁。これで5つ目の四球を選んだ。またCS通算10打数9安打で、驚異の打率・900を維持。チャンスメークした。

 きょう10月15日は41年前、1975年に球団創立25年目で初のリーグ優勝を飾った記念日。カープにとって特別な1日に、日本シリーズ進出に挑む。

 試合は菊池が送りバントを決めると、丸も四球を選んで一、二塁。続く新井の左前適時打で先制ホームを踏んだ。

最終更新:10/15(土) 14:33

デイリースポーツ