ここから本文です

西島秀俊 出演していない映画の応援に登場 黒沢清監督の海外初進出作に

デイリースポーツ 10/15(土) 14:36配信

 俳優の西島秀俊(45)が15日、都内で、黒沢清監督(61)が手がけた海外初進出映画「ダゲレオタイプの女」の初日舞台あいさつにゲスト出演した。

 黒沢監督が手がけた今年6月公開の映画「クリーピー 偽りの隣人」に主演するなど親交があることから、花束を持って駆けつけた。西島は「世界デビュー、公開初日、おめでとうございます。『なんで、来ているんだろう?』と、ぽかんとされてますね」と驚く客席を尻目に祝福した。

 作品は外国人キャストによるフランス映画。出演していないが、すでに鑑賞した西島は「傑作。僕からすると(監督の)世界デビューが遅いですよ。どんどん海外で撮っていただきたい。それが僕の夢」と絶賛した。写真撮影では、「出てないんだけどね」とはにかみながらも、作品への賛辞を惜しまなかった。

 西島の祝福に監督は、「唯一のお友達が西島君。来ていただけて華やかになりますよね」と来場を喜んだ。もしも、西島が今作に出演していたらという問いには、「撃ち殺させるかもしれないけど、怪しい東洋人を書き足したでしょうね」と役柄を想像していた。

最終更新:10/15(土) 14:45

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]