ここから本文です

骨折のDeNA梶谷、ド根性2ラン 初回6失点から2点差に猛追

デイリースポーツ 10/15(土) 14:42配信

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 左手薬指を骨折しながら強行出場を続けるDeNA・梶谷隆幸外野手が、4点を追う三回に右翼席に2ランをたたき込んだ。

 初回に6点を奪われたDeNAだが、直後二回の攻撃で相手守備の乱れにつけこんで2点を返した。続く三回だった。先頭の桑原が左前打で出塁すると、続く梶谷が内寄りの変化球をフルスイング。打球は広島ファンで赤く染まる右翼席に飛び込んだ。

 「打ったのはスライダーです。勝つしかないですし、絶対あきらめませんよ」と力強く訴えた。

 10日のCSファーストS第3戦で巨人・内海から四球を受けて左手薬指節骨を骨折。打った瞬間の衝撃で痛みを感じるため「ホームラン?無理ですよ」と話していたが、この打席では大きいフォロースルーの際にも痛む左手でしっかりとバットを握っていた。前日の第3戦ではフェンス際で決死のダイビングキャッチを見せるなど、攻守でチームを引っ張っている。

 この試合に負ければ敗退が決まるDeNA。いきなりの6失点で苦しい状況となったが、手負いの梶谷を中心に諦めない姿勢を見せつけている。

最終更新:10/15(土) 15:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]