ここから本文です

広島・菊池、中前適時打で貴重な追加点 猛追のDeNAを突き放す

デイリースポーツ 10/15(土) 15:11配信

 「セCSファイナルS・第4戦、広島-DeNA」(15日、マツダスタジアム)

 広島が2点差に追い上げられた三回、菊池涼介内野手(26)の中前適時打で、再び3点にリードを広げた。

 先頭の小窪が左前打で出塁。2死二塁から打率・900の田中が、四球で選んでつないだ。菊池は2-2から6球目、内角高めの142キロ直球を強振した。詰まりながらも打球は中前にポトリ。二走・小窪も必死の走塁で、ホームに生還した。

 初回に6点を奪いながら、二、三回と2点ずつを失い、2点差に迫られていた。流れを左右する中で、貴重な追加点になった。

最終更新:10/15(土) 15:52

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。